第13無駄話「模倣子と遺伝子と情報」(04/01/21)
 

 

  以前も取り上げたが、もう一度「模倣子」について考えてみる。模倣子とは、遺伝子とは別に、人間形成に関わる情報だと理解している。正しい言葉の説明ではないが、人間は両親からの遺伝子で形成されているわけだが、人格や人間性を決めるのは遺伝子だけではなく、我々が接している情報も人となりに大きく影響しているのである。例えば、日本人が日本語を話すのは、日本人であるという遺伝子の影響ではなく、日本語の環境で育ったために日本語を話す訳である。日本語を話す人間になるのは、遺伝子ではなく模倣子の影響という訳になる。他にも、親と子どもは似ているものだが、お互いに影響される人物、書籍が違えば考え方を異にすることはある。もっとも、親に育ててもらう過程で、模倣子も提供されるので、親と似た考え方になるかもしれないし、遺伝のレベルでは体の構造・組成、脳の構造も似てくるだろうから、遺伝子の影響もあるとは考えられるが。
 前置きが長くなったが、インターネットというものに考えてみる。思うに、インターネットというのは、模倣子の塊のようなメディアであると思う。情報化社会という言葉があるが、情報が目まぐるしく流れるインターネットは模倣子も、放出され続けていると思う。
 具体的にHPを作る場合を考えてみよう。私がHPを作り始めたとき、基本的なファイル転送のシステムなどは、レンタル元のHPや転送ソフトの説明を読んで覚えた。まあ、これも模倣子なのだが、実際にHPのデザインやらレイアウトというものを作っていくと、それはもう、模倣子を貰いまくっている。他の劇団のHPやその他HPを閲覧すると、参考にしようと思わなくても影響され、具体的にHPを作る時に効果が出てくる。明らかに、自分のレイアウトはどこかのHPのデザインが参考になっているのだろうが、それは特に思い出せない。勿論、「こんなページ」にしようと思って作る場合はあるが。
 脚本を書く場合は、模倣子というのは明確で、見た芝居、TV、映画、読んだ漫画、小説等々、時には元ネタがお客さんにばれてしまうぐらい明確であるし、書いた本人も大抵は覚えている。しかし、HPの場合は閲覧が容易で、素早く行われるために記憶に残らないで影響されている部分が大きいと思われる。
 私は、「演劇公演の宣伝専用の掲示板」を設置している。設置した理由は、劇団の掲示板に一方的に宣伝をする行為が蔓延していたからで、私もその一人だった。掲示板に書かれている内容にも、明らかに模倣子が存在する。というのは、文頭に「突然の書き込み失礼します!、文末に「管理人様へ この書き込みが掲示板の趣旨に反する場合はお手数ですが削除の方お願いします。」だ。これは、もう、うんざりする程見かけるようになったし、私が宣伝書き込みを行っていた時は、少なくとも、私は使ってなかった。しかし、いつの頃から、100%と言って良いほど使われるようになった。明らかに誰かがネットの世界にぶちまけた模倣子である。
 最初に使い始めた人は善意で、ちゃんと掲示板利用規約等を読んで、分からないからこそ、こう言った文章を付け加えたのだろう。まあ、紳士的に行為と言えると思う。しかし、その模倣子を受け取った無責任な人が、規約で反している掲示板に、この文頭・文末をつけて書き込みまくったせいで、この文章のイメージは私の中で著しく悪くなった。書いてはダメな所に書き込んでいるのを見ると、「ちゃんと読みなさいよ。」と思ってします。
 そういう訳で、誰かが善意で使い始めたであろうこの文章を私はインターネットの世界から無くしたいと日々思っているわけである。もし、この文章を読んでいる方で、「自分がイブ(もしくはアダム)だ!」と言う方はご連絡下さい。

 yarukimedesu@hotmail.com

 結局は、宣伝書き込みに終始しましたが、身近にも模倣子が存在しているのだと思います。演劇人としては、自分発祥のギャグの一つでも作りたいt頃ですね。誰が最初だ!?とか言うと、「ソバ飯」やら「ソースカツ丼」みたいですね。あと、攻殻機動隊はやっぱり好きなんですね。影響されすぎです。

 

無駄話に戻る トップページに戻る

劇団ヤルキメデス超外伝 劇団ヤルキメデスHP Senden_Senyo

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO