第18無駄話「模倣子と遺伝子と精子」(04/04/26)
 

 
 さて、いろいろ忙しくて更新できてなかったこのHPですが、久し振りに更新してみようと思います。さらに、ジオシティ以外の広告を入れるために、ファイルを置いているサーバーを換えていました。ここです。内容的に合うと思ってので、コンドーム専門店の広告をいれました。HPに行くと1円。コンドームを買うと購入額の5%が私の懐に入り込む仕組みです。本人が買ってもO.K.なので、コンドームが必要になったら、ここで買おうかと思っています。何か内容的に痛いな。もうやめよう。
 さて、このコラムで何度となく扱った「模倣子」ですが、もう一度確認すると、後天的に人格や人生に影響を与える情報因子のことです。私はそう理解しています。先天的なのは、タイトルにもある、「遺伝子」。男性なら精子。女性なら卵子。しかし、模倣子の説明が回を追うごとに変わっていると思われますが、まあ、良いでしょう。間違ってないでしょう。うん。
 さて、話を敢えてそらして、男女平等が当然になりつつある世の中ですが、私は男と女は違うものだと思っています。まず、体の造りが違いますし、生殖の段階での役割も違います。子どもを産むことが出来るのは女性です。しかし、男尊女卑という訳ではなく、男性の方が女性より優れているとか、そんなことを言うわけではないのですが、確実に男と女とでは、違いがあり、そのために得意分野も違うと思うのです。しかし、今回の話のテーマはこのことではありません。
 子どもが出来て生まれる前のことを考えてみましょう。まあ、ぶっちゃけるとSEXです。自分の知識があやふやだったので、ネットで調べてみると、平均的に一回の射精で10万くらいの精子が出るみたいです。それに対し女性は一回の生理で出来る卵子は1個のようです。さらに、生まれてくる子どもの性別の決定権は精子の方にあります。男は10万パターンの自分の分身を作る可能性があるのに対し、女性の方は相手任せの部分が多いような気がします。勿論、精子の遺伝子と卵子の遺伝子が混ざり合って子どもが出来るわけですが、何か男の方が有利(というかお得というか)な気がします。さらに考えると、女性は自分の子どもがお腹の中にいる時は基本的に他の子ども出来ませんが、男は自分の子どもが恋人や奥さんのお腹の中にいても、自分の子どもを作ることが出来ます。気持ちの部分は置いておいてですが。さらに人工授精や精子バンクを利用すれば、万単位の自分の分身をこの世に残すことができます。
 生物の生きる目的は自分の遺伝子をこの世に残すことだと言う考え方があります。機能のことだけを考えると、男の方が自分の遺伝子を残したい欲求がつよいのではないだろうか?自分の遺伝子を残したい欲求は等式ではないにしても性欲に繋がると思います。
 さて、この辺りで模倣子と話を絡めて行きましょう。現在は情報化社会です。情報化社会がどういう定義かはよく知らないのですが、形をもたない情報が人間に多大な影響を与える社会と考えてみましょう。そして、模倣子というのは社会の情報にあわせて出てきたものです。精子や卵子が自分の遺伝子を載せて、分身を作るものですが、模倣子は自分の考えであり、人に影響を与えることが出来るわけです。遺伝子で出来た子どもは身体的な特徴が似ています。考え方が似るのは、後天的に親と子が同じ環境で暮らす部分が多いのではないでしょうか?それに対し、模倣子は血の繋がっていない人や自分より年上の人の考え方に影響することが出来ます。歴史に名前を残している人は時代を超えて人に影響を与えています。
 私が考えるところでは精子(卵子も)≒模倣子という式がなりたつのではないのではないかと思っています。つまり、遺伝子を使わなくても、影響力のある模倣子を出す人は、子どもが必要ないと考えます。さて、この考えを何の根拠や裏付けなしに勝手に広げてみましょう。
 人間は年中に発情している動物です。他の動物は発情期があり、交尾をする時期というものが決まっているわけですが、人間は年中です。何故?年中なんでしょうか。もっとも、そのおかげで地球のいたる所に人間がいるようになったわけですが。では、いつの段階で年中になったのでしょうか?なんとなく、徐々に長くなっていった気がしますが。普通に考えると、年間を通じて安定した栄養をとれるようになったとか、住居の関係で安定した温度環境になったとか、脳の発達で生殖行為自身に快感を覚え行う頻度が多くなった、快感というと品がないのでコミュニケーションと考えましょう、とか考えられますが、ここで模倣子をねじ込みましょう。人間が言葉を持ち、思想の原型が出来た時点で一時期人口が減ります。模倣子を発する人は子どもが必要ないからです。裏付けはないですし、根拠もありません。そこで、「これじゃあイカン」ということで、種全体が思ったことで、発情期が伸びたと。裏付けはないですし、根拠もありません。ちょっと無理矢理すぎるな。
 昔の話は胡散臭いので、現代の話をしましょう。現在、少子化が進んでいますが、これは社会の情報化が進んだためと考えます。インターネットやホームページなど、自分の模倣子を簡単に放出出来る環境になってきているからです。実際に模倣子がどの程度、影響しているかは分らないのですが、放出している限りは満足できます。つまり自慰って訳です。満足している間は結婚もしないでしょうし、子どももいらないでしょう。模倣子≒遺伝子ってわけです。
 さて、最後にやはり根拠も裏付けもないのですが、生殖のことやら模倣子のことをひっくるめて考えると、HPを作っている人は男が確実に多いのではないのでしょうか?そんな気がします。一般的に男はぶちまけるの好きですし。やあ、今回は何か下ネタが多いような。下の方に広告もあるし(自分で入れた)、最後に疑問を一つ。模倣子に対するコンドームってなんでしょうね?

 コンドームの広告は掲載期間が切れました。それに関する商品を紹介します。(2005/08/10)

 

 

無駄話に戻る トップページに戻る

劇団ヤルキメデス超外伝 劇団ヤルキメデスHP Senden_Senyo

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO