ジャンプ感想ログ2005年13号

 12号へ ジャンプ感想一覧に戻る 14号へ トップページに戻る
 

↓キーワード↓

  

 2005年13号

 総評
 3週ほどお休みしていたジャンプの感想を書きました。休んでいた分も時期に書くと思います。(多分)。追加した場合は何食わぬ顔で並んでいると思われます。休んでいる間に新連載があったので、感想を書くのが大変…。
 さて、今週はジャガーさんがやたらに面白かったです。

 NARUTO(ナルト) 
 風影になった我愛羅はちょっと良い奴になってますね。ナルトを目指していたりとか。前向きな感じです。でも、その前向きさが今回の結果に繋がってたんですかね?頑張っている人がやられる方が読書は喜ぶ…!
 さて、私自身は我愛羅は結構、最強属性のキャラだったので、敗北は以外でした。暁の粘土を使う人は、総合力じゃ我愛羅の方が強いのだろうけど、トリッキーな闘い方が楽しかったです。

 魔人探偵脳噛ネウロ
 犯人が竹田刑事ってのは、一話を呼んだ時点でなんとなく「そうじゃないかな?」って思ってました。笑顔がうさんくさいんですよね。さて、連載開始の事件を速攻で解決しそうですが、次々週以降どう展開していくかだと思います。単発の事件解決以外に流れが出てくるのかな?

 BLEACH(ブリーチ) 
 話が核心にせまってまいりました。人間関係とややこしいですぞ。やっぱ市丸ギン氏が黒幕だったんですかね?でも、彼にも可愛そうな理由があるんでしょうな。んで、今週は一護は登場していないっす。


 アイシールド21
 大方の人が予想していた通り、デビルバットダイブで締めましたね。本当に、秋大会が始まった頃の作者コメントで、稲垣理一郎氏が「泥門VS王城となるわけではない」的なことを言っていたために、タイトルが「そして、一年後…」ってだけで右往左往した訳ですが、ようやく決着がつきました。
 巨深の普通身長組みが足引っ張ってる的な感想も書いたりしまいたが、長身組みはそんなこと全然感じていなかったみたいですね。皆、良い奴です。
 しかし、今回の試合でセナに関してはいろいろ技を見せ尽くした感がありますが、次からの試合はどうなるでしょう?キックで点が取れないってことがモロでだしているので、そろそろムサシが復活するのでしょうかねえ?

 DEATH NOTE(デスノート)
 私はLは死んでないと思っています。何故なら、レムがLの名前を書いたシーンも、病院で死を見届けた所もなかったので、これは死んでないのでは?と思った訳です。でも、それだったら局長は皆を騙していないといけないんですが、それはないでしょうね。レイ・ペンバーの嫁生存説を唱えていた私の予想ですし、多分、あたらないでしょう。
 ライトとミサミサはラブラブです。少なくともミサの方は。それはさておき、結構普通にしていますが、ミサは元の寿命が80歳までだったとしたら、だいたい35歳くらいで死ぬってことになってると思うのですが、恐くないのですかね?
 そして、Lの意思を継ぐ、ワタリの経営したいた児童施設?の二人の子ども登場。20号まで休載ですが、今後はこの子どもと闘って行く訳です。Lも何かヒントを残して死んだんでしょうね。いや、きっと生きていますけどね。

 銀魂
 今回は良い話でしたね。しかし、連続シリーズの途中から感想再開はツライですね。それは、さておき、小さい時の神楽ちゃんには、方々でお祭り状態になってるんじゃないですかね?つられて、現在も幼くなっている気がしますが…。
 今回もビバップっぽいと思ったのですが、感情を面に出さないで、さらっとしている銀さんがスパイクを連想させるからだと思いました。来週は、やられたはずのエイリアンと闘う訳ですが、やっぱ神楽さんは残るんでしょうねえ。別れの話が多いなあ。

 ユート
 
連載開始から、最後の引きばっかり気になっています。中々、話の核心(雄斗と高月の対決)に迫らないので、ちょっと歯痒いですね。じわじわと攻められているような…。読みやすくて好きです。

 リボーン
 
次々と脱落者(リタイヤ)が出て行くのが面白かった、しかし、ランボはリタイヤ後復活しています。ミス?でも、割かしどーどーとしているしな。雪合戦なのに雪を使わなくなり、最後はイーピンで大爆発。いつも、どおり、はちゃめちゃです。
 さて、ちょっと前から気になってたのですが、バレンタインネタがあったり、時間は実世界と同じに流れてますが、ツナ達は進級するんでしょうかね?結構、普通にスルーされる気もしますが。

 ディー・グレイマン  
 ラビのイノセンスはハンマーを大きくしたり、伸ばしたりするだけじゃなかったんですね。文字が浮かんでいるあたりのデザインは、同作者の読み切り(千年伯爵も出ている!)を思い出しました。
 さて、アレンの目のこととか、「マナ」っていうあたりは徐々に説明されだしているのですかね?ちょっと、初期の頃を忘れだしてます。「マナ」って名前は前にもアレンが呟いていた気が…。
 さて、エリアーデさんはアクアだった訳ですが、彼女は仲間になるんじゃないですかね?アレイスターとの関係も気になりますし、村人でなくアクマを葬ってた訳で、何にしろクロス元帥はスルー?した訳ですし。人語でコミュニケーションが取れる以上、アクマとも理解できるのでは?単に倒してしまうより話は広がるような?アレンも悩むだろうし。

 ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
 
なんか心霊現象解決話でなくて、魔法律という魔術バトルっぽくなってきましたね。エンチューの全貌も明らかに!しかし、気が狂うほど勉強しても才能には叶わないってのも悲しいですが、そんなんで敵になったのか?って気がしました。ムヒョは才能があったって以外悪いことしてないですしね。これを「エンチュー編」としたらどう展開して、その後はどうなっていくでしょうね?

 いちご100%
 
さーて、西野と付き合いだしたことで、実害?が出てきましたね。外村の言うことは一々正しいです。勘違いであった上に、「東城に彼氏がいた。」ってショックで付き合いだしたのは明白です。今回のさつきのことと言い、東城の耳に入った日にはどうなるのでしょうね?世の中にはこういった付き合いだし方もありなのかも知れませんが、見通しは暗そうです。

 武装錬金
  ついにブラボー、火渡、千歳さんの任務失敗の時のことが明らかに、斗貴子さんも関係していたのですね。やっぱ。しかし、当時、号泣していた火渡が今回のような暴挙に出るとは…。
 火渡の武装錬金が明らかに!焼夷弾の武装錬金「ブレイズオブグローリー」。デザインはださい!しかし、この能力と首切られて平気ってのは、まだ、どう繋がっているのかは分りません。そして、やることが凶悪…。ブラボー以外を蒸発させることをなんとも思わなかったのか?そして、ブラボーが…。
 彼がシルバージャケットでカズキと斗貴子さんを護るのは、くしくもロッカーに護られていた斗貴子さんを彷彿させました。さあ、来週はどうなるのか?ノリと掲載位置が最終回に向かっている気がするのですが、勘違いであれ!

 WaqWaq
  さあ、締めにかかってきている気がします。世界が何故こうなったかをヨキさんが説明してくれました
。黒い血の人間は連載が始まった頃の感想で予想していたのに近かった気がします。こちらを参照
 しかし、作られた人間と人間が争うあたりはヨキ先生の原型が出ていた読み切り「タイト・ロープ」に近い物があるのではないかと思いました。読み切りの方が明るいテイストの話でしたが…。
 しかし、黒い血の人間が自由を求めて戦争になったわけですが、詳しくかかれているのは、ヨキ先生が掃除している所くらいなので、どうなのかな?って思ったり。殺し合いになっちゃったか。でも、本当は少年誌では書けないような酷いことが繰り返されたのでしょうな。
 

12号へ ジャンプ感想一覧に戻る 14号へ トップページに戻る
 


SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO