ジャンプ感想ログ2005年21・22号

 20号へ ジャンプ感想一覧に戻る 23号へ トップページに戻る
 

↓キーワード↓

  

 2005年21・22号

 総評
 ちきしょー。ついに武装錬金が…!不完全燃焼だ。来週から何を楽しみにジャンプを買えば良いのだ!?本当にテンション的に不買運動でも始めようかと思ったけど、多分買います。

 武装錬金
 
基本的にジャンプの感想は掲載順に載せているのですが、今回もテンション的に武装錬金を最初に持ってきています。ご了承ください。
 とりあえず先週の感想の予想の部分は全然当たってませんね。内容的にそこまで行き着かなかったってところでしたね。登校日ってことは夏休み中の話な訳です。その発想は無かった。
 悲しいかな最終回です。ヴィクターサイドには全く触れない内容になっていました。カズキが決断を下すまでです。大体、2ページスパンで、まひろ達、剛太、ブラボー、桜花、パピヨンと少しずつ話して行きます。非常に最終回らしい展開ですが、テンポも良くて読みやすいです。パピヨンは予想通り白核金を研究していたようです。ここは予想の通りです。彼の台詞は非常に良かった。「選択肢は与えられるものではなく、自分で作り出していく物」。これは和月先生は、自分に向けた台詞でもあるんじゃないのかな…?
 そして、結論は語られませんが、カズキの下した結論も予想通りでした。予想できなかったのは、カズキと斗貴子さんの例のシーンですね。予想範疇外!というか、カズキの恋愛感情の描写はあんまりなかったので、急な気がしました。最終回だから、これ、やりたいことはやったのでしょうな。掲載順的に次はいちご100%だったので、興奮もヒトシオです。(違う)。
 結局、完結編は増刊でってことになったので、完結編ってのは、ヴィクター編を完結させるってことになるのだろうか?うーん。もっと、読みたいですよ。本当に。

 葉書出します!
 
武装錬金は最終回で単行本的に9巻くらいです。ここは、増刊の内容やら、その他番外編を含めた10巻が出れば良いのではないだろうか?正直、まだまだ、読みたい話が多いです。斗貴子さんの傷&小学校を襲ったホムンクルスの話、カズキVSパピヨンの話とかです。
 以前、起きた「ライジング・インパクトの奇跡」のようなことが起きるか分りませんが、編集部にアンケートともう一通葉書を出してみます。あと、和月先生にファンレターを出してみます。ファンレターを出すのは、生まれてはじめてだから。ドキドキですね。


  NARUTO(ナルト) 
  イタチの車輪眼が話が出てきましたね。車輪眼を使うと視力が下がる…?カカシ先生が普段片目を隠しているのもそのためですかね?
 キサメとガイ一行のバトルの続きもありました。キサメの術で水にリー、ネジ、テンテンを包み込むのは、「幽々白書」の御手洗の水兵を思い出しました。こんなの思い出した人他にいるかな?後、カードキャプター・サクラの映画一作目…。桜の仲間が泡に包まれるシーンがありましたね。
 来週はガイとキサメのタイマンですか。正義の方が人数が多かった訳ですから、丁度良いかも知れませんね。武装錬金の7巻にそんなことが書いてありました。

 DEATH NOTE(デスノート)
 
ニアとメロが争っている理由が出てきましたね。メロの方の一方的な感情っぽいですが…。しかし、メロはマフィアと手を組んだのですね。Lが後継者をちゃんと決めているば、ねえ…。
 テンポ的には一気にサユ誘拐まで行っても良かったと思うのですが、いろいろライトの思惑とか出てきて結構伸びた感じが…。来週はライトがサユをどうするのか?家族殺しか?家族を殺すことで疑いが薄まるか?その逆か?

 銀魂
 今回は忍者話。桂が出てきましたね。忘れた頃に桂。
 ギャグも決まっていて良かったです。忍者姿の神楽に萌え。来週は政府側の話も交えた話になるのだろうか?

 BLEACH(ブリーチ)  
 嗚呼、ラストに犬の顔の隊長も瞬殺。藍染隊長強すぎです。詠唱破棄って言われても、良くわからんです。
 ルキアから崩玉が取り出されましたね。意外にあっさり出てきました。それで、無事取り出せたのに殺されそうになるルキアそしたら、お兄様が駆けつける…!正直、カッコの良いシーンですが、ここまで、一護、狛村と来て三人目なのでちょっと笑ってしまいました。これで、毎週ピンチになってラストに駆けつける!って感じを6週くらい続けたらギャグになりますが、やらんでしょうな…。(当然)。

 ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
 
今週から新展開。魔具師とか言う新設定の人が出てきました。後、ヨイチとかも出てきましたね。魔法律協会のサイドが出てくるとエンチュー出現のフラグが立ったような気がするのですが、どうでしょうねえ?

 アイシールド21
 ついに準決勝開始。キックオフを蛭魔先輩がしているのがミソですな。これまでありそうでなかった、キックオフの際の一気にタッチダウン。陸の強さが出ています。ロデオドライブの凄さがいまいち分りませんが、要はフェイントですよね?
 そんで、その後一気にセナがタッチダウン。西部7点に対して泥門6点。そうなんですね。キックの差です。マシンガンの打ち合いと形容されてますが、ここがキック、つまり、ムサシの重要性になってくるんでしょうねえ。

 魔人探偵脳噛ネウロ
  ああ、犯人は全然予想とあってなかったですね。良く考えれば、電話をしたのが彼だったりしたので、全員が実行可能ならば、彼が怪しいのが当然ですね。鷲尾…。ああ、武装錬金を思い出してしまう…。
 トリックは先週で明かされていたので、今週は残務処理的な意味合いが強かったですね。チンピラ一人が再登場の可能性を感じさせつつ、新展開を予想させる引きで続きました。今までなかった手法なのでちょっと違和感…。
 鷲尾の狂った描写とか、初期の頃の良さを感じさせましたね。

 ディーグレイマン
 
今回はコムイ兄さんがカッコ良いの巻ですな。教団の厳しさも出てきました。エクソシストやファインダーの遺体を親族に戻すと彼らがアクマになる可能性がある…。つらい決まりですね。リナリーが死んだりしたらコムい兄さんは大丈夫なんですかね?舞台は中国になりました。敵っぽいのが見てますが、来週はバトルか?


 リボーン
 
今回もロンシャンの回。序盤のリボーンのネタのノリはちょっとジャガーさんを感じさせました。
 ロンシャンの家に行きましたね。しぶしぶ、彼女であることを了解するハルに萌え。なんで、しぶしぶなんだ?って突っ込みが入りますが、彼女の中では、「自分が彼女である。」ってことが了承の上に、それがしぶしぶになる理由まである訳です。これは難度の高い妄想ですぞ。
 ロンシャンの家に行ってからはいつものドタバタ…。しかし、人気の出そうなパンテーラをまだ活躍させないのは凄いなあ。

 BE A HERO(ビー・ア・ヒーロー)(読切)
 キックス・メガミックスの吉川雅之先生の読切です。新人ではないので、ネームレベルで気になったことは、あんまりなかったですね。ただ、気になったのは、貧乏で学校辞めて働こうって状況から、柔道でヒーローになれば状況打破ってのは、ちょっと話が意図的に飛躍させている感がありました。(あるじゃん)。
 後、絵はもっともっと研究の余地があると思います。好みっていうより、何か、基本的なことが気になるって感じですね。線が気になる。
 でも、読切の感想にしては短いので、やっぱ、連載経験のある作家の実力って所でしょうか?

 ユート
 
思ったより、あっさり、お父さんが雄斗のスピードスケートを認めましたね。でも、金銭的に苦しいのですかね?もしそうなら、小学生の雄斗にはどうすることも出来ないですね。
 そして、忘れていた北海道の和也君が出てきましたね。この子、ショートを始めるのじゃないかな?

 いちご100%
 
やりやがったー!ついに、やりやがったー!具体的な描写はされていませんが、これはセクースしたってことですよね?避妊とかどうしたのでしょうな…?しかし、このタイミングでやるかー?世間一般的には初SEXの相手ってのは、対したことじゃないと思うのですが、このマンガでは重要性大だと思うのですが?東城とかどう思うのだろ?この流れで東城と上手いこと行く流れはあるのかな?

 WaqWaq
 んー、ネタ・テンションがバトルの雰囲気を下げているような…。ようやく、蜘蛛の糸に話が戻ってきました。御神像は不完全だった訳ですから、何か起こるのでしょうね。つーか、松田が刺された…。
 正直、ここ3週くらいのバトルは、あんま、意味がなかった気もします。
 

20号へ ジャンプ感想一覧に戻る 23号へ トップページに戻る
 


SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO